ONLINE STORE

日本を元気に。未来へ①

投稿日:2019年8月17日 カテゴリー:【八木原】


八木原保 ・ 敏子(褒章伝達式にて)

平成23年11月3日、私は図らずも黄綬褒章を受章いたしました。長年にわたってニット製品の卸売業として業務に精励したというのが受章の理由でありました。本書で述べてきましたように、私は埼玉県の田舎町から高校を卒業して上京、ニット会社に就職して以来、今日までニット一筋に仕事をしてきました。この間、ニット産業を取り巻く環境は大きく変化しましたが、私はgimをはじめ自社ブランドのニット製品の数々を世の中に送り出し、日本のファッション産業とニット産業の発展にニットアパレル事業の立場でいささかの寄与をしてきたつもりです。 今回、 褒章の栄誉をいただいたことは私にとって大変名誉なことでありましたが、 同時に、 褒章を励みとし、ニットアパレル業界そしてファッション界の発展のためになお一層努力していかなければならないと心に決めた次第です。
褒章伝達式は受章者が合同で皇居において天皇陛下から褒章を賜るということでしたが、残念なことに陛下はお風邪のため東大病院に入院されておられましたので、当日は秋篠宮さまが務められました。この日、私と敏子は経済産業省での褒章伝達式に臨んだ後、皇居に向かいました。生まれて初めて皇居春秋の間に参内し、緊張のなか褒章の栄誉に浴することができました。この感激は生涯忘れることはできないでしょう。