ONLINE STORE

シェットランドレースとは④

投稿日:2019年9月10日 カテゴリー:【ニット】


シェットランド島の畑

ヴィクトリア時代が終るとともに、シェットランドレースの需要も終りました。ノッティンガムで製造される機械編みのレースが、非常な低価格で大量生産を始め、手編みは競争に追いついていけませんでした。第二次大戦中に工場が軍需品の製品に転用されたため、手編み市場は短期間の復活をみましたが、(シェットランドレースとは③の)ストライプに編んだレースのジャンパー(肩掛け)、地味なカーディガン等は1940年代に人気のあったスタイルを忍ばせています。現在1本撚りのレース編みはとても希少ですが、数人の若い女性がこの手法を学んでいます。とても高価な家宝になっているか、博物館の所蔵になっているか古い作品を見ると、冬中かかって1枚のレースを仕上げたであろう、素晴らしい技術を持った紡ぎ手や編み手のことが思いおこされます。