ONLINE STORE

オーガニックコットンって

投稿日:2019年7月16日 カテゴリー:【ニット】



ORGANIC COTTONとは
3年間農薬や化学肥料を使わないで栽培された農地で作られた綿花の事です。
オーガニックコットンは、人の手や虫達の力を借りて丁寧に心を込めて作られます。通常のコットンとは違い、農薬を使わない事で、土壌・空気・水を汚さずに済みます。もちろん人の体にも安全で、すべての生命に優しい製品を作る事ができます。では、通常のコットンとオーガニックコットンの違いは何でしょうか?一番は農薬です。農薬をまいてしまえば、害虫の駆除もコットンの収穫も人手を使わず速く、低コストで作る事が出来ます。しかし、その代償は大きく、農薬に触れた体には呼吸器系や皮膚の疾患やがんの発症が見られたり、微生物が農薬を処理できない為に土壌が汚染されて生態系も変わってしまいます。経済面でも、農薬の支払いが貧困につながったりと農業者を幸せにしません。現在のオーガニックコットンの日本への輸入量はまだ少量です。私達がオーガニックコットンを選ぶ事で、農薬を使わず、笑顔で健康な生活のできる農業者を増やす事が出来るのです。そうする事で自然のサイクルが働きます。人手を必要とするので、雇用機会が増えて貧困から脱出出来ます。これからの地球が健康である為に、とても大切な事なのです。

オーガニックコットンはコチラ