ONLINE STORE

渋谷をファッションのメッカに①

投稿日:2019年8月12日 カテゴリー:【八木原】


平成23年6月7日、恒例のイエローリボン賞を開催した。今年で30回目になる。東日本大震災間もない4月、ファーザーズ委員会では、高まる自粛ムードの中で、このイベントをやるべきか中止すべきか活発な議論が交わされた。 始めは中止の声の方が多かったように思う。しかし私は、 「こういうときだからこそ、父の日に黄色いリボンをつけて、家族が父に感謝を表すというイベントの意味がある。そのことが東日本を、ひいては日本を元気にする起動力になるのではないか」 と主張した。 3月の大災害発生から6月の実施まで期間は短かった。しかし、関係者の皆さんは 「日本を元気にしよう」 という私の発言を理解してくれ、短期間の中で全力をあげて取り組んでいただき成功に結びついた。
ベストドレッサー賞も40回目を迎えた。いまや、ファッション業界では長い歴史のあるイベントとして定着している。今年は誰が受賞するのだろうかと、シーズンになると皆さんが関心を持ち、 マスコミが大きく取り上げてくれる “季節の風物詩” のようなイベントになった。 平成23年11月30日に開催されたベストドレッサー賞授賞式の会場は渋谷のセルリアンタワー東急ホテルであった。当日は1,500名以上の方が来場され、報道関係だけでも200名が集まった。MFUにとっても大きな成果であったが、同時にこのことは渋谷駅周辺の再開発と発展にとって、極めて大きな象徴的な意味を持つこととなったであろう。